滝沢歌舞伎2018 大千穐楽

3年間192公演、ありがとうございました。おつかれさまでした。
正直あっという間な3年間でした。

f:id:voyager72:20180703075851j:plain

初めてのジャニーズ舞台、初めての滝沢歌舞伎、初めての演舞場そして御園座、と初めて尽くしの思い出をくれたけんくんには感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、グループで見られるのとはまた違った姿を見せてくれた滝沢くん、そしてJr.スタッフの皆さんには頭が上がりません。一人の表現者としてのけんくんが見られて本当に嬉しかったー。

春は滝沢歌舞伎、って恒例行事のごとく演舞場でけんくんを見られなくなるのは本当に本当に寂しいけれど、次に見るけんくんはもっともっと深みと輝きを増してステージに立ってくれてるんだと思います。

「そして最後に。ファンの皆様。3年間何度も足を運んで下さった方。劇場に来たかったけど、来れなかった。でも、それでも応援して下さっていた方々。皆さん本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にどうもありがとうございました。」

こうやって言ってもらうために観てるわけでもファンやっているわけでもないけど、最後にこう言ってくれるのは本当にありがたいなぁと思いました。

見せてくれたものすべて宝物です。ジャニーズでいてくれて、表現者としてステージに立ち続けてくれてありがとうございます。表現者としての健くんが今後もとっても楽しみです。


そして。。。
39歳のお誕生日おめでとうございます。

アイドルとして、大人として、表現者としてとてもとても尊敬してるしだいすきです。

現実と虚像の狭間を生きるみやけくんが見せてくれる姿がこれからもたのしみです。

まずは舞台ですね!素敵な一年になりますように。いつもありがとう。これからもよろしくね。




良い歳して痛いポエマーになってしまいました。

名古屋の芸所、御園座

御園座新劇場開場記念
滝沢歌舞伎2018


ついに来ました御園座公演!!^^☆

日帰りで初日に行っていました。

演舞場では三年、けんくんのいる滝沢歌舞伎を見ていても、御園座初日は特別だった。

新しい場所に連れてきてくれたことに感謝。

舞台の真ん中できっと見得きる場面も、逆転ラバーズでみんなをハッピーにしてくれるのも最高にかっこよくて素敵で、いろんな顔をみせてくれるけんくん、滝沢歌舞伎という作品に感謝!

自分でわかってた以上に、滝沢歌舞伎がすきになってたみたいだって気付いた。。



初日の会場の雰囲気はどこか落ち着かない感じで、まさに初日感あふれる初日でした。関西担の子たちが特にそわそわしてる感じがかわいかったなぁ!


f:id:voyager72:20180606230056j:plain


話にはきいていたけれど、画像も見ていたけれど、名古屋でたなびく「三宅健」の幟旗をこの目で見られたときに、心の底から、きてよかった!って。何度も写真撮っちゃうし見つめちゃうし。ほんとうに嬉しかった泣きそうになってしまったー!

御園座新開場記念をお祝いする場面があるのだけど、そこで附け打ちの音が響いて、舞台の中央前方で、見得きるみやけくんが本当に本当にかっこよかったんです。そこが一番心臓がどうにかなりそうだった場面。

歌舞伎らしいシーンが少なめな今年だからずっと待ってたし、この見得きる場面に、この三年間のたくさんのことが詰まっているような気がした。。

ちなみにみやけくん、たきざわくん、けんたっきーの順番で決めてくるよ。二人とも千両役者だー。

ほんと、想像してないことばっかり現実になって、喜びで溶けてしまいそうだー。滝沢くんには一生感謝すると思う。笑


そんなこんなで、初日おめでとうございました。
御園座初日が明けたということは、本当におわりへのカウントダウンだ。。
泣いても笑っても一度きり。
あともう少しだけ、ジャニーズの、和のエンターテイメントに浸らせて下さい^^

滝沢歌舞伎2018 新橋演舞場公演

5月13日(日)、滝沢歌舞伎2018 新橋演舞場公演が千秋楽を迎えました。

きっと、もしかしたら、演舞場でみやけくんを見られるのは最後かも。滝沢歌舞伎としてはおそらく最後。…毎年そう思ってはいたつもりだったけど今年は尚更。
またいつか立ってほしい場所だけれど、少なくともしばらくはないかも。。

そんな、(決まっているかぎり)最後の演舞場でのみやけくんをちゃんと見ることができたご縁に感謝!
3年間こんなに素敵な春をつくってくれた滝沢くん、みやけくん、カンパニーのみんなに感謝です。(基本、感謝だよね☆ とは自担のことば)

まだ御園座公演があるといえど、なんだか虚無感がすごい今日この頃。。
3年間春を過ごした演舞場はやはり特別な場所になってるんだなぁとしみじみ感じています

初日、KEN☆Tackey CDデビュー発表のときの大歓声は一生忘れないし、千秋楽でもアー写と発売日発表してくるのがほんとににくいなぁ(T_T)


今さら初日を振り返ります。

今年の初日は4/5(木)からでした。

去年の初日は仕事で泣く泣く遅刻だったので今年こそは絶対間に合わせる!!と思い意地でも退社。大人ぶってタクシー会場前につけたけど電車でも間に合ったかもしれないな。笑

お馴染み、春の踊り、いにしえを見ながら、ジャニーズってやっぱりいいなぁとか思いつつこのときはまだわりと俯瞰でみていられた。笑

ゴンドラで健くんが降りてきて、Maybeが流れだして、「ん?!またそうなるパターン?!」って一瞬思ったけれど、地上に降りて、スモークがたかれて聞き覚えのある音(去年のコンサートでGet Nakedのあと流れていたつなぎの音)が流れてから、まさかとは思ったけれどSPARKがはじまった。まんまとフェイントに引っ掛かりました☆

個人的に、健くんコーナーでの曲予想をしていて(笑)、希望も込めて以下のどれかかなとか冗談半分で思っていたのですが、

FLASH BACK
SPARK
Remember your love
fAKE
You Know? (ただわたしがすきなだけ。手話振りもあるし)

そうだよね。SPARK、健くんがだいすきなのしってるよ。とか妙に納得してしまった。(誰)

「SPARKは振りが細かいから、アリーナサイズでやるより劇場とかでやった方が本当は適してるよね」、みたいな話をダンス経験者の友達と話したことがあったけど、今回はそれが叶ったんだなぁとか思いつつ。

曲が終わって、みやけくんのあいさつ。
三宅健です。本年も、ここ新橋演舞場にて、滝沢歌舞伎の出演者として、皆様に三度(みたび)お会いできること、大変嬉しく思います。私三宅健と、滝沢秀明が交わることで、どんな化学反応が起きるのか、最後までお楽しみ下さい。」

…みたく言わなければいけないところを、

三宅健です。本年も、ここ、新橋演ば………(客席ざわつく)………失礼。(本人もちょっとわらっちゃってる)新橋演舞場にて…」
っていきなり噛んじゃう健くんがほんとうに健くんだったなぁ!!!笑





見所はたっくさんあるけれど、わたしがだいすきだったのは二幕の『LAST FOREVER』でした。

初年度の滝沢歌舞伎にあたって滝沢くんは、「一人の男、三宅健としての魅力をみせる」みたいなことを話してたけれど、今回は更に、けんくんの別の魅力をみせてくれたんだなぁと思った。

夜空をイメージしたセットの中で、白のシンプルなスポットライトに照らされてけんくんがやさしい声で歌ってるなんてファンタジー(T_T)

滝沢くんがパンフで「ガンガン踊るイメージの強い健くんを残しつつも、ファンタジーな世界観の中にいるシンプルな一面も魅せて、見ているだけで惚れ惚れするような…」って話してて。いつも観たいけんくんを引き出してくれててありがとうございます。

青ジャケット白ポロシャツの襟は赤、のドラえもんスタイルすごいかわいかったのにいつの間にか廃止されちゃってかなしみ。。足元マーチンなのもかわいかったなあ!!



あと、一幕最後の創作歌舞伎もすきだった!
正直歌舞伎のシーン短いなとは思ったけれど、立役凛々しくてかっこよかったなぁ。。

これも滝沢くんが雑誌で「健くんは虹の王子様」って言っていたけれどこの歌舞伎の話かな?

幕が閉まる前に、赤い巻物(布)を放って見得をきるところがすごく凛々しかった!!!(巻物ごとぶん投げちゃったビデオ録り夜公演。笑)




そして言わずもがな、『逆転ラバーズ』は本当にだいすきで、毎回だいじなだいじな時間に思えた。

続ける、ってすごいことだなぁ。続けた先にこんなごほうびがあるんだなぁー!って。

滝沢歌舞伎に出るって仰天した2016年はケガもあって、なるべく平常心で楽しもう!と思ったけれど、きっとわたしのなかでもいろんな気持ちがあって。

2年目!まじすかー!ってなった2017年。個人的事情もあって両手に収まるほどしか観れなかったけれど、新しい曲、演目も加わって。観る側のこちらも「今年も」演舞場に行けるというのが嬉しくて。

そして今年。
いろんな人が望んでた、けんくん滝沢くんの曲を形に残すこと。
わたしは、そこまでなにがなんでもCDデビューして!!という活動(?)はそこまでしていなかったのですが、歌舞伎関連の雑誌は全部買ってきたし、滝沢くんが引き出してくれるけんくんがもっとみたいなぁという気持ちはずっとありました。

そして、もちろんV6というグループはだいすきで大切だけど、「みやけくんが」歌って踊ってくれる場、が増えることは嬉しい!…というかそれがすきで、見たくて、おたくしているようなものなので。
グループから離れたけんくんはあまり見る機会がなかったし(手話とかはあるけれど)、またこの二人、滝沢歌舞伎という場でけんくんを見られることはすごく嬉しかった。

話は戻って、『逆転ラバーズ』では、歌舞伎に関しては3年目、けんくん自身の活動でいえばもっと遥かに長い時間、全部積み重ねでいまがあるんだなぁと思えてしまって、時折じーんとなっていました。。
曲もフレッシュだし!!振り付けもかわいいかっこいいし!!なのに真似しやすいというおたくにやさしいかんじ。

けんくんのファンにはなったときはこんなものを見られるなんて全く想像できなかったなぁ。
千秋楽、「ジャニーズがつくるエンターテイメントっていいなぁ」って話すけんくんが今年も見られるなんてほんとなにがあるかわからないなぁと。。



そろそろ長すぎるので総括。まだ終わったわけではないけれど。



今年の歌舞伎は、

よりカンパニーに馴染んだみやけくんが見られたこと
(白塗りのときの会話、深澤くん誕生日のビデオメッセージ、Jr.が雑誌とかで話してくれるもろもろ、衣装プロデュースなどJr.のことも本気でちゃんと見てるところからそう思えた)

みやけくんが話し出すとこんなにおもしろいんだよ!(笑)ってところが前回、前々回よりもいろんな人に伝わったかな?と思えること、

前回、前々回に増して、より多くのみやけくんのすてきなところを魅せてもらえたこと、

逆転ラバーズという形にのこるプレゼントをいただけたこと

…が、特に嬉しかったです。



「ファンは長さじゃない!」みたいなことを言える人もいるけれど、わたしはそれはないと思っていてわたし自身ファン歴コンプの塊なので(笑)、自己嫌悪に陥ることも多いけれど、せめて、この歌舞伎の3年間はしっかりと観る機会をもらえたということは、今後のおたく人生、というか三宅担人生(笑)で大切な思い出になるんだろうなぁー!

御園座も心からたのしみにしています。また新しい場所に連れて行ってもらえて嬉しいです。


銀座、晴海通りを歩く度に、新橋演舞場での日々を思い出すのだろうとおもいます。3年間ありがとうございました!!

春の踊りは よぉいや、さぁ~!

幻なんだろうか。

と、ここまで思った事は、なかったかもしれない。



今年も、演舞場で、滝沢歌舞伎で、みやけくんに会える。

ただただ純粋に嬉しい気持ちが込み上げています。


二年連続で出演したこと自体も奇跡だと思ったし、2年周期でリニューアルするのが慣例って言うし、さすがにもう、最後になってしまうのだろうと。

そう思って寂しい気持ちと、晴れ晴れしい気持ちで去年の千秋楽を見つめていた気がします。



3年連続って、いろんなことを言う人はいると思うけれど。
でも、そんな雑音どうだって良い。納得行かないなら離れれば良い話で。



滝沢くんやいろんな大人が再び健くんを選んでくれたことが本当に嬉しいし(わたしはケンタッキー厨ではありませんが)、

何より、新橋演舞場という場所に立つ健くんがまだまだ見られることが涙が出るくらい嬉しいです。


しかも今年は、名古屋 御園座だってある。
(ドバイも頭の片隅には置いておく)


外部orジャニ舞台、舞台orコンサートとか関係なくて、健くんが舞台に立つ姿を見られることを本当に心から嬉しく、楽しみな気持ちでいっぱいです。


新しい春を教えてもらった一年目。
戻ってきた、って感覚にしてくれた二年目。
三年目は、どんなことを感じさせてくれるのか、楽しみで仕方ありません。



平昌オリパラ ユニバーサル放送。

ザテレビジョンCOLORS ソロ表紙。

(期待も込めてきっと今年も)みんなの手話。

そして、滝沢歌舞伎2018。



頼もしい限りです。
自分でたくさん縁を、仕事を繋いでいるこの感じ、とっても尊敬してる。


歌舞伎に関しては、もう次はないだろうという気持ちで、しっかり焼き付けておきたい。

これから訪れる春、ほんとうにたのしみにしてるね。

みやけくんが魅せたいもの、やりたい仕事がぜんぶそれぞれ、無事に、成し遂げられますように。

カウコン、2017年振り返り

あけましておめでとうございます。

2017年は手話、滝沢歌舞伎、コンサート、バラエティ、ドラマ、雑誌…等々、たくさんみやけくんに会えて本当に本当に楽しくて忘れられない年になりました。

数えていないけれど、今年が今まででいちばんけんくんに会えたかもしれないなぁ。コンサートの公演数多かったし。でも歌舞伎は2016年の方が行ったからどうかな。…どっちにしろ、今がいちばんたのしいおたくらいふで幸せです。

2017年は。
本当に本当にたのしくて満たされてしあわせだったなー。10/22のオーラス終わったあと、もうほかになんにもいらないなぁってくらい満足で。ただただ、けんくんをまっすぐ見ていたいなっておもった(アイタタですみまてん)。

気軽に他のグループ、ジャニーズのはなししたり、現場いったりするのも、肩肘張らずたのしそうだなって思うこともあるけれど、きっといまのわたしはハマりきれないんだろうなって思うし、勝手に、勝手に!(笑)罪悪感もってしまう。
はまったらやばいから自制しなきゃ!ってほどハマりそうなひともいないけど。。
むしろ分散させたほうが健全な趣味として気軽におたくできるんじゃないかなとか思える。w

それくらい、みやけくんはわたしのなかで大きな存在になってて、わき目も振らずみていたいアイドルです(アイタタその二)。

2018年も、みやけくんの、予想の斜め上を行く活躍を期待したいと思います。たくさん会えたらいいなぁ。願わくば、舞台。ストレートプレイが観たいです。もちろんソロコンもしぬまで待ってるー♡こわいけどー。(笑)カミコンもみたいよーこわいけどー。(笑)



そして。今年もジャニーズカウントダウン行ってきました。

f:id:voyager72:20180103031257j:plain


運良くバクステ近くの花横ブロックを引き当ててもらったのですが、MFTPがセンステだった以外は、けんくんはぜんぶメインステだったことに、うわーんってなりましたがwww、そもそも一緒に年越しできるのが嬉しいことだったね、わたしもそれがたのしみだったなってにこ健を見て反省したのでした(笑)

でも、でもね、若手Gはすぐ近くバンバン通ったのに、ブイはまったく(剛くん以外)センステより後ろの花道を通ってないバクステ使っていないので残念ではあったなー;;

カウコンは、やっぱり事務所担というか、DDに近いほうがまるっとたのしめるなーってことを痛感したのでした。放送前の若手Gの曲がまるでわからなかった(シーハーハーとLady ダイヤモンド以外?)ので、もっと代表曲やってくれたらまだわかったな、、、と思いつつも、自担Gなら最新曲とか聴きたいよねわかる!だから理解はできる!けど、ポカンでごめんなさいだった。。。

でも、イノハラくんが司会だったおかげで、放送前に「健!」って振ってくれてしゃべらせてくれたのとっても嬉しかった♡健!って振りがちなイノハラくんに感謝。

「こんにちは。…あ、こんばんはか。」みたいなくだりとっても愛おしかったし、\こんばんはー!!><></ってわいた。

イノハラくん「良いお年を。」
けんくん「良いお年を。」
っで言わされてる感最高だった!w


あと、最後の各グループごとのあいさつのとき、
坂本くんがしゃべってる間ずっと後ろから肩もみもみ〜みたいにくっついてたの、ほんと坂本くんのことだいすきだねwってなったし、

TOKIOになったら本当に心からの笑顔だった(ようにみえた)から、けんくんはこれまたほんとにTOKIO、Jフレがすきなんだなー。って感じたのでした。


なにはともあれ、2017年最後、2018年最初のみやけくんを見られたこととっても幸先良くて嬉しかったなぁと思います。
うちわ早朝から並んだのとかも(笑)自分中高生のときから成長しないなぁって思ったけど、それこそがやっぱりたのしい。

たくさん会える年になったらいいなぁ。今年も楽しみにしてます。よろしくね♡

キミヘノコトバ

みやけくんってすごいなぁと思うと同時に、
彼はそういう役割、役回りをいつから担ってきたのだろうと考えてしまいました。


わたしがみやけくんのファンなのは、
「みんなのことが大好きです」「あいしてる!」とかって言ってくれるから、ではありません

当然、けんくんが発してくれるものに対して、いつもいつも感謝しているし、大切にしたいことばはたくさんあります。

だけど、そういうことばが欲しい「から」ファンやっているわけではないし、ファンになった当初は、けんくんがここまでことばをかけてくれるひとだって良くは知らなかった。



例えばいまみたいに。

(自分のファンだけでなくV6ファンの)みんながわさわさしているときに、けんくんはそこで癒しを与えなければならない役回りになってしまっていることに、なんとなくもやもやしてしまいます。

いろんなひとが、時としてみやけくんに、癒して~!って寄りかかってくる。そして、「やっぱり健くんはアイドルの鑑だよね!」「健くんのファンは羨ましい!」みたいなことを言う。だったら最初からみやけくん担当でもいいのに。で、癒されたら持ち場(自分の担当)に戻るのでしょう。そういう都合よく癒やしを求められる存在にされていることに対して、ただただ一点の曇りもなくみやけくん担当なわたしとしては、すごーーーくもやもやする。ってか正直不快。(笑)

グループ、メンバーのことはふつーにすきだけど、他のメンバー担当だったら良かった!そうなりたい、羨ましい!なんて思ったことはないのです。

以前友人に、「三宅担はいいよね、私の友達絶対ファンサもらってるよ。福利厚生しっかりしてるよね。」みたいなこと言われたときは〜〜〜(笑)べつにファンサ欲しいからファンやってるわけじゃないし何を持ってファンサって言うかはその人次第だし(目が合ったでもそう捉える人もいるし、何かはっきりした動きがないと満足できないって人もいる)、そもそも福利厚生って言葉がきらい(笑)
みやけくん基本的にやさしいと思ってるけど、みやけくんこわいエピソードwもいろいろ見てきてるからそういうのも受容できるひとじゃないと三宅担はできないと思う(笑)誰にでもただただ甘やかしてくれるひとではないと思うんですよねぇ。


話が逸れました。


絶妙なタイミングとことばの紡ぎ方で、みんなをふっとあたためてくれるけんくんのことは本当に本当に尊敬しています。

だけど、そこまで一手に引き受けなくても、背負わなくても大丈夫だよ。って思ってしまう時もあります。

気遣いってやっぱり神経を使うものだと思うし、「みんな」を思うあまり知らず知らずのうちにすり減っていかないか、わたしはお花畑おたくなので気がかりだったりします。


…とはいえ、こんなお花畑おたくが想像するよりも、何十年この世界で生きてきたけんくんは、きっとずっと強い。

こういう立ち位置に自分がいることに、ずっとずっと前から覚悟を決めているのかもしれないね。

だから、わたしは見当違いなお花畑発言をしてるんだろうとは思いつつも、なんとなくすっきりしなかったりして。


自分でもなにがいいたいのかわからないけれど、
欲しいときだけもらいにきますっておたくだったり、もらえることを当たり前に期待するようなおたくにはなりたくないなってことです。

けんくんいつもありがとうぉ。ってかんじです。w ほんとにほんとに。



勢いで書きました。

魔法の箱の中で生きるということ。

TVガイドPERSON vol.64 ISSUE
三宅健「魔法の箱の中で生きるということ。」


久々にお芝居について、演じるにあたっての過程について話すみやけくんを知れて嬉しかった。♡

みやけくんが役を演じるのは(キスブサはさておき)、2014年秋の昼ドラ、ほっとけない魔女たち以来なわけで約3年ぶり。
わたしは個人的に、お芝居してるみやけくんもすごく観たいと思っているので、やっっっとだ〜!といまほくほくしながらトットちゃん!を視聴してます。

今回のPERSONの記事のどこが素晴らしいかというと、役柄についての説明や工夫の話から、トットちゃん!のストーリーやセリフを、みやけくんに重ねた質問をしていること。


❝久松が徹子さんに言ったセリフ(「それに、黒柳さんは、みんなの黒柳さんなんだよ。誰か一人の男のものになってしまったら、視聴者も僕もがっかりだよ!」)……それはそっくりそのまま、ご自身にも向けられる言葉ではないかと。三宅さんにとって、結婚に対するイメージは、現時点でどんなものでしょうか。❞

これに対する受け答えがねー。しません!と言わないあたり現実的だし、でも、

❝確実に言えることは、40歳までは絶対にしません。それはずーっと昔から決めていたことなんです。だって、僕はアイドルだから(ニッコリ)❞

そんな決め事を課してたなんてわたしはしらなかったーー(昔発言したことあるのかな?すみません、、)。そして、自分のことを、アイドルだよ、アイドルだからって発言するみやけくんがたまらなくすきだとおもう。

そういえば今年の初日の名古屋でも言ってたなぁ。
井ノ原くん「久々にアイドルみたいなことしちゃったな〜」みたいな発言に対して、みやけくん「アイドルだよ。」って(わりと真顔でしかも2回言った)。

アイドルは恋愛しちゃいけない、恋愛していないなんて思っちゃいないけど、やっぱり職業アイドルとしては「隠して」ほしいっていうのが持論。絶対にしない、とか現実味のないことを言うよりも、隠すことに意味があると思う〜。

余計なこと考えないでステージ見てたいもん。初めから既婚者だってわかっていたら、プラベものすごい垂れ流しなタレントだったら、そもそも自担には出来ないとおもう。

いい歳して痛いのは知ってる!ww
だってお花畑おたくだから。魔法が解けちゃうのはいやだから。

パフォーマンスだけを信じる。あとは何してようが構わない。
そういう人もいると思うけど、やっぱりアイドルはなるべくクリーンでいて欲しいと思う。わたしは、ステージでかっこよければいいって完全に割り切るのは難しい。どれだけステージでかっこよくても、それが周りから崩れていくような話は聞きたくない。

自担には幸せになってほしいでしょ?なんで応援出来ないの?みたいな層も一定数いるのもわかる。
いやそりゃあ自担には幸せになってほしいよ孤独死しろなんて思っちゃいないよ(笑)
だけど、アイドルとファンの関係って理性的に説明できることだけじゃないからなぁ。

あとは自担のスタンスもあるだろうなぁ。キャラクターの違いって大きい。
みやけくんは、いろんなものを見てきて、基本的に、アイドルであることを守ろうとしてくれてきたんだろうなぁと思う。大昔のことはしらんけど。。SNSが台頭してきてもっともらしい変な話とかも回ってくるようになって、もやもやすることも無きにしもあらず、だけど、自分がみているみやけくんも嘘じゃないはずって頭をぶんぶん振っています(笑)

たまに負の連鎖にはまってしまいそうなときは、久しぶりに「Unlimited」「悲しいほどにア・イ・ド・ル〜」聴くかぁ。とか思って再生したりする(笑)



…思いっきり話が逸れてしまった。

とにかく今回TVガイドPERSONはとってもいい記事でした。
テレガイはどうして週刊とか月刊だと、わちゃわちゃ仲良しV6♡とかいう方向になってしまうんだろう(笑)

そしてとにかく来年は、舞台!舞台が観たいです。
事務所外のやつ。
これ毎年言ってるんだけどなぁ。そろそろどうかな!

完全に勢いで書きました。